毛穴を無くす化粧水で悩みを吹き飛ばそう!

女の人

シミのない肌

基礎化粧品

隠す際には

シミを目立たないように隠す場合、シミの位置や種類によっては隠すのが難しいこともあるでしょう。隠したい気持ちが大きいと、ついつい厚塗りになってしまい、余計に不自然になってしまうこともあります。慣れないうちは上手く隠せないかもしれませんが、何回もすることでコツを掴んでいくことができます。目のまわりは小ジワが多く、ファンデーションがよれやすいので、シミ隠しをする場合は注意が必要です。他にも、Tゾーンといわれる、おでこから鼻にかけては皮脂が多くテカりやすい部分です。また、Uゾーンといわれる、顔の輪郭に沿った部分は、乾燥しやすい部分になります。ですので、「適材適所」という言葉があるように、肌の特徴を考慮して、シミ隠しを選んだり使うとよいでしょう。

上手につきあうために

多くの女性が気にしているシミは、日焼けや遺伝、年齢を重ねていくと増えてきてしまいます。できてしまったシミを消すことは難しく、美白ケアをしても薄くすることが精一杯です。これ以上増やさないためには、日頃のケアを怠らないようにし、すでにあるシミにはシミ隠しを使い上手くつきあっていくことが大切です。シミによって大きさや色も異なるので、それに合わせてシミ隠しの色や種類もたくさんあります。薄いシミなら、カバー力のあるファンデーションでも、十分隠すことができます。それでは隠せないものは、もっとカバー力のある、コンシーラーなどシミ隠し用のものがあります。濃いシミに色を合わせてしまうと顔が暗くなってしまうため、ラメやパールの入ったシミ隠しがよいでしょう。